【調べてみた#4】利き手①~解剖編~

#調べてみた
スポンサーリンク

こんにちは!

 

Hanaが左手でおしゃぶりしているので、もしや左手利きなのでは思い利き手について調べてみました。

Hanaは果たして左利きなのか、単なる親バカなのか、このページを読めばに判明します。

 

スポンサーリンク

利き手の定義

私は字を書くのも、お箸を持つのも、物を投げるのも右手なので利き手=右手で間違いないのですが、字を書くのは右手、物を投げるのは左手みたいな方をけっこう見てきました。この場合は何をもって利き手と呼ぶのだろうと思い、まずは利き手の定義からおさらいさせて頂きます。

人間の左右の手のうち、先天的に反射・動作される手のこと。日常的に使っている利き手を、実用手ともいう。
左右どちらの手が利き手なのかは、厳密に調べるために利き手テストなどの試験により判定する必要がある。地域による程度の違いはあっても、おおむね世界中で右利きの人口は左利きの人口に比べて多いとされる。
字を書く方の手で判断されることが最も多いが、字を書写する際の手については伝統的に教育されているため必ずしも一致しない。他にも、スポーツをする時に使う手やお箸を持つ手も利き手と判断されることが多い。利き手は先天的なものなので、利き手そのものを変更することは不可能である。ただし、ある身体操作を行う際の専門の手を片方の手にすることは訓練で可能であり、これを矯正と称している。

また、本来の利き手とは関係なく訓練によって両方の手で器用な動作のできるいわゆる両使い(両利き)の人や、字は右手、箸は左手などそれぞれの動作ごとに優先される手が異なり、左右の手を使い分ける人もいる。英語ではこれをクロスドミナンス(cross-dominance)と呼ぶ。

『Wikipedia』より

なるほど!私が抱えてくれている疑問はすべて解決してくれました。

テストはしてないですが、私は利き手も実用手も右手になってくるみたいです。

利き手テスト
『厳密に調べるために利き手テスト』とあったので、どんな利き手テストがあるのか調べました。エディンバラ利き手テスト、チャップマン利き手テスト、フランダース利き手テストの3つが有名なようです。中でもエディンバラ利き手テストが一番利用されているようです。WEBで検査できるサイトがあったので、興味があればコチラ参照して下さい。どこか病院で検査できるものがあるのかと思ったのですが、なさそうでした。

利き手の割合

調べた利き手に関する情報を箇条書きで共有します。

・世界の人口のおよそ90%が右手利き、10%が左利き
(日本では11.5%が左利き、世界的に一番左利きが多いのはオランダで15%ほどのようです)

・日本の左利きの割合は増えており、第二次世界大戦よりも前の左利きの割合は6.5%で、現在は11.5%位になっているようです。

・男性と女性で左利きの割合を比べてみると、大体男性の方が女性の約2倍となっている。

・アメリカの左利きの割合は1.8%(両利きの割合が28%となっています。アメリカの場合、早くから左利きの矯正は子供に悪影響を及ぼすと言う研究結果が出ていた為、利き手を矯正する事に熱心ではないようです)つまり、左利き:1.8%、両利き:28%、右利き:70%ってこと!?

 

なぜ右利きが多いのか!?
180万年前のホモ・ハビリスの歯の化石(食べ物を左手で持って咥えて、右手に持った石の斧で切ったと考えることから歯にあるキズより推測)から当時の右利き割合は60%程度だったとされてます。それがなぜ今約90%が右利きなのかというとまだ解明されておらず、諸説(優位脳説、攻撃・防御説、環境説、遺伝説等)あるようです。優位脳説が一番有力なようなので、簡単に説明します。人は進化するにつれて、コミュニケーション(言葉)が発達する→左脳の言語野(ブローカー野・ウェルニッケ野)が発達する→左脳が制御する右半身が発達する=右利きが増えるということのようです。とはいえ、これという1つではなく、複合的な要因で右利きが増えたのかと勝手に思っております。諸説を詳しく知りたい方は大川さんが詳しく説明されておられます。

 

利き手っていつ決まるの!?

アメリカのアーノルド・ゲゼルさん(心理学者、小児科医)が1947年の論文で発表されました。数十人の子どもを生後8週から10歳まで10年にわたって、最初は毎月1回、その後は毎年1回、いろいろな動作をやらせて利き手を調べたようです。

時系列で整理すると下記のようになるようです。

6ヶ月:
持ち手は両方使う(おもちゃを右手で持ったり左手で持ったり、左右に持ち替えたり)
つかむ手は片方に限られる(おもちゃに触れたりつかんだりするのに伸ばす手は右か左かどちらか一方)

1歳頃:
両手が使えるようになる

2歳頃:
左右どちらかの手を多く使うようになる

3歳頃:
再び両手をまんべんなく使うようになる

4歳頃:
利き手が固定される

はっきり利き手が決まる以前に、成長、発達に伴って何回も利き手の交代が起こるようです。なので4歳ぐらいまでは一喜一憂しないことがオススメです。

 

もっと早くに利き手が知りたい方に朗報
最近、1000人の妊婦さんの検査から、妊娠10~12週ころ胎児が右手の親指を左手よりも頻繁に吸っていた場合、子どもはほぼ確実に右利きとして生まれてくる、という研究結果がイギリスから報告されました。
胎児を超音波で観察すると、さかんに指しゃぶりをするしぐさが見られるようなので、それで利き手が分かるかも!?4歳より前に知りたい場合は胎児の時を調べる必要があるとは…どなたか生後3か月ぐらいで利き手分かる方法を見つけてください笑

ということで、4歳までは利き手は分からない=単なる親バカということになりました笑

今回利き手を調べる中で、左利きの情報が利き手より多く、矯正なども含めて悩みも多かったので、4歳になった時のHanaのため!?に左利きについても調べていきたいと思います。

 

本日のHanaあるある…

オナラをしたあと知らんぷりの顔

(私やってないよって感じのアピール)

 

 

それでは、またのお越しをお待ちしております。

 

このノートの続編アップしました!

【調べてみた#4】利き手②~左利き解剖編~
【調べてみた#4】利き手③~左利き矯正編~

コメント

タイトルとURLをコピーしました