【やってみた#7】異所性蒙古斑の治療をやってみた①

#やってみた
スポンサーリンク

こんにちは!

 

Hanaは腕に異所性蒙古斑があるのですが、今回治療することになりましたので、治療の流れをノートしていきます。

我が家も治療するか迷ったので、同じような境遇の方の参考になればうれしいです。

以前異所性蒙古斑について調べています。興味のある方は下記をご覧ください。

【調べてみた#3】蒙古斑と異所性蒙古斑の違いは?治療方法は?我が家が治療を受けることにした理由も!
日本人の80%に発生する蒙古斑と異所性蒙古斑の違いとは?我が家が異所性蒙古斑の治療をするに至った背景を詳細に説明!

 

スポンサーリンク

異所性蒙古斑の治療をするまでの経緯

①出産の退院をするときに腕にあるあざについて質問すると医師に腕にあるのは異所性蒙古斑であると教えられる。
→このタイミングでは次回の検診でまた見てみましょうという感じでした。

②2週間検診で異所性蒙古斑の治療するなら総合病院紹介しますがどうしますかと尋ねられ、総合病院の予約をいれてもらう。
→検診して頂いた医師が異所性蒙古斑はうすくなるが、なくなるかどうかは明言できなかったので、専門の医師の意見も聞きたいなということで、総合病院の予約をいれてもらう。

③総合病院で専門の医師に話を伺い、治療することに決定。治療についての説明を受け、薬を処方頂き帰宅

処方された薬は以下になります。
・エムラクリーム(次回のレーザー治療の局所麻酔剤として)
・ヒルドイド(患部に感想がありその保湿のため)
・ロコイド軟膏(患部に湿疹がありその保湿のため)

※受診及び処方箋すべて自己負担なしでした

 

異所性蒙古斑を治療するに至った理由

治療するか迷った点

・異所性蒙古斑は蒙古斑同様に年齢とともにうすくなるのですが、実際にどれぐらいうすくなるかは個人差があるので、少し状況を見てみたい

・実際うすくなった場合でも人によって気になる人もいれば、気にならない人もいる

 

小さいうちに治療するメリット

・治療をするなら早めが良い(小さい時の方が治療範囲が小さくて済む&皮膚が薄いのでレーザーの強さも小さくて済む)

・小さい時だとレーザー治療されていると気づかない(3歳ぐらい以上になるとレーザー治療されていると認識するようになり怖がるようです)

・異所性蒙古斑は保険対象なので、医療費助成のある間に治療を行った方が医療費が安い(これは最初の治療が終わった後に気づきました…)
→子どもの医療費助成をそれぞれの地方自治体が行っており、小学校に入る前までは医療費無料だと思いますが、念のために居住の地方自治体に確認してください。

 

我が家の結論

当初は、10歳手前ぐらいまで様子を見ながら異所性蒙古斑が残るようなら治療すればよいかと思っておりました。

ただ、色んな先生の話を聞いて、下記の理由で治療することにしました。

・範囲が広かったため多少は蒙古斑が残るのではないかという医師の見解

・早めにはじめた方が子どもへの負担が少ないこと

・育休をとってる間に通院した方が時間の融通がきく

 

異所性蒙古斑の治療の注意点

治療について

下記病院で頂いた治療の説明書の抜粋になります。

説明を聞いて初めて知ったのですが、3カ月以上あけて複数回(3回~5回)のレーザー治療が必要なので、異所性蒙古斑の治療期間は1年~2年ぐらいかかります。

 

保険について

異所性蒙古斑は保険対象になります。
※但し3カ月以上の間隔で5回までの治療が認められます。

下記1回目の問診と処方箋の領収書になります。
乳幼児医療費助成制度があるので、負担は0円です。

下記1回目レーザー治療と処方箋の領収書になります。合計金額は52,820円ですが、自己負担は0円です。

レーザー治療するまで、いくらかかるか知らなかったですが意外に高額だなと思いました。

仮に乳幼児医療費助成制度の対象外の年齢になり、2割負担だと自己負担は1万円を超えます。

レーザー治療を5回受ければ5万円を超える金額になるので、治療を開始するなら乳幼児医療費助成制度の対象期間がオススメです。

 

レーザー治療1回目

蒙古斑の範囲が広いので、上部だけレーザー治療を受けました。

治療前

治療前の異所性蒙古斑は下記のような感じでした。

治療

治療はQスイッチルビーレーザーを用いて治療を進めます。
(以前紹介しておりますので、興味のある方は下記をご覧ください。)

【調べてみた#3】蒙古斑と異所性蒙古斑の違いは?治療方法は?我が家が治療を受けることにした理由も!
日本人の80%に発生する蒙古斑と異所性蒙古斑の違いとは?我が家が異所性蒙古斑の治療をするに至った背景を詳細に説明!

①医師が前回処方頂いたエムラクリーム(局所麻酔剤)を患部に塗布しサランラップで巻く

②エムラクリームの浸透させるために1時間ほど待合室で待機

③看護師が別途に横たわる子供を固定しながら手で目隠ししてレーザー治療を開始。約400発のレーザーを行う。患部をガーゼで巻いて終了。

手で目隠しされた時点で大泣きしておりましが、レーザー治療では継続して泣いているだけでレーザー治療の痛みはそれほど感じていなさそうでした。

 

治療後

当日

関節より体側の部分だけのレーザー治療になったので、腕の上半分だけ治療の跡があります。思ったより水ぶくれができていました。水ぶくれ付近は気持ちうすくなったように思います。

 

1日後

水ぶくれが潰れてしまい少し痛そうな様子ですが、Hanaは自覚なし。

 

3日後

水ぶくれのつぶれたものをだいぶ良くなる。

 

5日後

水ぶくれのあとがほぼなくなる。水ぶくれあと部分の周りは少しうすくなったように思う。

 

7日後

水ぶくれ跡はきれいに治る。全体的に少しうすくなったが、一度で完治は難しい。

 

1回目のレーザー治療までの流れは以上になります。

引き続き治療続けて参りますので、またノートさせて頂きます。

このノートの続編アップしました!

【やってみた#7】異所性蒙古斑の治療②
腕にある異所性蒙古斑の治療記録!Qスイッチルビーレーザーでの治療のビフォーアフターを大公開♪

 

本日のHanaあるある…

両鼻に鼻くそつけがら満面の笑顔

 

それでは、またのお越しをお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました